技術士二次試験、部門、科目選びにお悩みの方へ

技術士一次試験、お疲れさまでした!答え合わせで合格!よし二次試験!

・・・でも、自分はいったい、何の部門、何の科目がいいんだろう?

そんなあなたへ・・・

現役技術士が、ココナラであなたをサポート、面談します!!

二次試験に向けて今から、準備体操しましょう!!

技術士二次試験の点数ABC、一体何点だったのか、個人情報開示請求してみたよ!

技術士二次試験の点数は何点?

 技術士二次試験の記述試験はABCの3段階

A・・60%以上

B・・40~60%未満

C・・40%未満

と書かれており、点数についての問い合わせには一切応じませんと書いてあり、

わからないものかと思っていたが、個人情報開示請求により調べることができるのだとか。詳しくは、「技術士 開示請求」で検索すると技術士会の問い合わせ先が出てくるので参照されたい。

開示請求には「切手を貼り付けた返信用封筒」「身分証明書の写し」も必要になるので、ちゃんとルールに従って開示請求してみましょう。

表紙

 シンプルながら回答文も付けてくれる。

平成27年度試験

 平成27年度試験は問題ⅡにCがついてしまった。また、問題ⅢはAがついたが、一体何点だったのかわからない・・・。結果がこちら。おや。Ⅱが40%未満なのにBがついてる。誤植ですね。赤字で100点満点に換算しています。

平成29年度

 こちらが合格した平成29年度。なんと問題Ⅲは80点!我ながらすごい!

・・・口頭はぎりぎり6割・・あぶなっ!結構よくできたほうなんだけどな。

開示請求の回答が来るまでの期間

 日本技術士会さんも忙しいので、むやみやたらに開示請求を送るのは好ましくないが、点数を知ることで合格や指導につなげることができます。もやもやしたあなたは一度、開示請求してみませんか?

ココナラで個人指導やってます!

ココナラで、個人ではありますが、プロ業者より安価で指導しています。

スマホ勉強なら「スタディング」

技術士もスマ活する時代到来?

技術士二次試験 口頭試験に向けて

 筆記試験お疲れさまでした。だいぶ勉強疲れも取れた頃ではないでしょうか?さて、1月8日の合格発表の後には、口頭試験が控えています。(2~3月)

口頭試験の質問の例

・コミュニケーション、リーダーシップ

 「あなたのがこれまでコミュニケーションで工夫した点を教えてください」 「あなたがこれまでリーダーシップを発揮した点を教えてください。経歴以外でも構いません」

・マネジメント

「あなたがこれまで、資源を有効配分した例を教えてください。経歴票に記載されていないものでも構いません。」

・評価

「あなたの業務で、評価から改善につながった事例を教えてください。経歴票に記載されていないものでも構いません。」

・技術者倫理、継続研さん

「あなたが技術士になった時のCPD計画について教えてください」

・・・・令和元年度は、「コンピテンシー」の定義をそのまま聞いてくる試験官が多かったようです。試験官側でも、採点基準を厳守しなければならないので、ひねった質問が作れなかったのでは?と考えています。

 また、2018年度までは、問題Ⅲからの質問のみでしたが、令和元年度は、問題Ⅰ、Ⅱからの質問も来たという変化球が報告されています。再現論文を全て書くのは大変ですが、見出しメモ程度だけでも思い出しておきましょう。また、専門的学識などは評価項目に入っていない「筆記試験で確認済」ということも念頭に入れておきましょう。

参考 コンピテンシー抜粋

マネジメント
・業務の計画・実行・検証・是正(変更)等の過程において,品質,コスト,納期及び生産性とリスク対応に関する要求事項,又は成果物(製品,システム,施設,プロジェクト,サービス等)に係る要求事項の特性(必要性,機能性,技術的実現性,安全性,経済性等)を満たすことを目的として,人員・設備・金銭・情報等の資源を配分すること。

評価
・業務遂行上の各段階における結果,最終的に得られる成果やその波及効果を評価し,次段階や別の業務の改善に資すること。

コミュニケーション
・業務履行上,口頭や文書等の方法を通じて,雇用者,上司や同僚,クライアントやユーザー等多様な関係者との間で,明確かつ効果的な意思疎通を行うこと。
・海外における業務に携わる際は,一定の語学力による業務上必要な意思疎通に加え,現地の社会的文化的多様性を理解し関係者との間で可能な限り協調すること。


リーダーシップ
・業務遂行にあたり,明確なデザインと現場感覚を持ち,多様な関係者の利害等を調整し取りまとめることに努めること。
・海外における業務に携わる際は,多様な価値観や能力を有する現地関係者とともに,プロジェクト等の事業や業務の遂行に努めること。

技術者倫理
・業務遂行にあたり,公衆の安全,健康及び福利を最優先に考慮した上で,社会,文化及び環境に対する影響を予見し,地球環境の保全等,次世代にわたる社会の持続性の確保に努め,
技術士としての使命,社会的地位及び職責を自覚し,倫理的に行動すること。
・業務履行上,関係法令等の制度が求めている事項を遵守すること。
・業務履行上行う決定に際して,自らの業務及び責任の範囲を明確にし,これらの責任を負うこと。


継続研さん
・業務履行上必要な知見を深め,技術を修得し資質向上を図るように,十分な継続研さん(CPD)を行うこと

令和2年度はどうなる?

 勝手な憶測ですが、日本技術士会もこの点は反省したのではないかと推測しています。つまりこのコンピテンシーを「応用」した質問が来るのではないかと予測しています。

 例1)あなたが工事の監督の立場で、限られた予算を品質のために使いますか?工程促進に使いますか?(これじゃまるで、総監ですね・・)

 例2)リーダーシップとは何ですか?あなたの言葉で説明してください。

 いずれにせよ、コンピテンシーの定義を覚えておけば、その「応用」なので、避難訓練が必要です。「口頭試験準備は筆記の合格後」という概念もいいですが、不合格になると一気にモチベが下がり、やる気がなくなります。そして口頭試験対策を学ばないまま、間違った願書を作ってしまうのです・・。

ビデオチャットやってます。

 「ココナラ」さんでビデオチャット面接をやっています。まだ合格発表まで時間はありますが、体験してみませんか? 令和元年度、模擬面接を何度も繰り返した経験と体験談からの口頭ビデオ試験です。 ※合格発表直後は、ボランティア参加のため閉鎖する可能性もあります。

 依頼には、願書、再現論文が必要です。

 たとえ不合格でも、口頭試験を体験し、PDCAサイクルが技術士への道のりだと考えます。

1級土木施工管理技士にチャレンジ!

2級土木は何とか突破したけど、次は1級・・・何が違うんだろう?

高い壁かもしれません。

ですが、学科問題を見ると、意外と2級と大して変わらない?と感じると思います。是非問題集を買ってみてください。

増えたのが「法規」「施工管理」くらいです。

実地試験も

基本的な土量計算、コンクリート用語の穴埋め問題が鉄板ですね。

最大の問題は、実務論文!

2級と何が違うかというと、やはり「工事の規模」ではないでしょうか?

「監理技術者」となるわけですから、せめて下請代金額が4,500万円以上が望ましいです。

そして鉄板の品質・工程・安全管理!変化球では「出来形管理」「仮設工」なども出題されました。あらゆる状況に対応できる訓練が必要ですね。

少なくとも品質・工程・安全はネタを考えておきましょう!


講座案内

私もココナラで指導やってます! 格安なので是非!

1級土木実施試験ネタ一緒に考えます(ココナラ)

プロの講座案内(少し割高)

プロにお願いしたい方はこちら

2級土木施工管理 対策大丈夫?

 もうすぐ、2級土木施工管理の実施試験ですね。2級は品質、安全、工程管理、たまに環境管理などありますが、2種類のどちらかを選べるので、さほど困難ではないと思います。

 ですが、受験される方々の大半が「理系」で、文章を書くのが苦手・・な方も多くいらっしゃいます。

 そこで、論文添削が「ココナラ」で安価でできますので、是非ご利用ください。論文が全くなくても、ビデオチャットなどで相談、1から組み立ても承ります。

2級土木実施試験対策 論文添削

※論文が全くなく、1から組み立てる場合、料金をカスタマイズさせていただきます。

技術士二次試験 口頭試験を意識しよう

9月の筆記試験、お疲れさまでした。

来年1月初旬には、合格発表され、2~3月にかけて口頭試験が実施されます。

さて、口頭試験 一体どういうものなのか?

・コミュニケーション、リーダーシップ

・マネジメント

・評価

・継続研さん

の4項目で評価されます。

従来までの「経歴及び応用能力」「技術士倫理」「技術士制度」も絡めての質問も相変わらず来るようですので、何かしら「避難訓練」「場慣れ」が必要になります。

口頭模擬試験対策を忘れずに!

都市部では、SUKIYAKI塾や日経コンストラクションなどの団体が模擬面接を行ってくれますが、地方にお住まいの方は大変だと思います。論文に自信のある方も、そうでない方も、口頭試験というものを、一度体験してみてはいかがでしょうか? (筆記試験合格発表後は、私も忙しくなります)

お申込みはこちらから↓ (ココナラへリンクします)



口頭試験を勝ち取り、技術士の称号を得ましょう!

交通工学研究会認定TOP攻略

はい、また謎の資格です。

交通工学って道路のことでしょう? だったら「技術士」でいいじゃない。。

いやいや、そうじゃないんです。

以下、交通工学研究会HPより抜粋
 道路交通技術に関連する我が国の資格には国家資格である「技術士」の他、「RCCM」(建設コンサルタンツ協会)、「土木学会認定技術者資格」(土木学会)などがあります。しかし、これらの資格制度は、必ずしも道路交通に対象技術分野を絞っていないため、道路交通技術者の養成には直結しません。道路交通技術は多岐にわたる技術分野の総合としての応用技術です。また、制度的にも交通管理者である警察庁、道路管理者である国土交通省や総務省、経済産業省など多くの省庁が関係しています。
 

(1)交通工学研究会認定TOP(交通技術資格者)

 道路交通技術に関わる基礎的専門知識を有し、道路交通運用に関わる専門業務に従事できる者を認定します。

(2)交通工学研究会認定TOE(交通技術上級資格者)

 道路交通運用に関わる専門業務経験を豊富に持ち、道路交通技術に関わる高度な専門知識を広く体系的に有し、実務に指導的に取り組む能力を有する者を認定します。

 今、私は「TOP」を取得しており、最終的には「TOE」を目指したいと考えております。

 交通技術者の第1歩である「TOP」ですが、5者択一問題で70問中64%の正解率で合格(約45問)します(2020年10月現在)

 が、このTOP試験、メモはできない、電卓は使えない、普段使わない単語が多いなど、交通工学研究会独自のイジワル問題のオンパレードです。

 書籍「道路交通技術必携2018」から出題されますが、ページがありすぎて、どこを勉強していいのかもわかりにくいです。

 さて、そこで私からのナレッジアドバイスです。

 TOPは過去問は売ってませんが、入手ルートはあります。

 これだ!!!

 私が意地になって、過去問を分析したものです。

 TOPは受験料が16,200円、 再受験でも8,100円・・・

 その過去問題が、なんと1,000円で手に入る・・・!

 そう考えると、安い買い物です。実際、評価にも喜びの声が届いていますので、スコアアップのために活用をおすすめします。

 「道路交通技術必携2018」は 必ず買ってください!

技術士とは(技術士二次試験)

たまに、「技術士」って資格が出てきますが、「技術士」って何ぞ・・?

について説明します。

技術士法第二条より

 この法律において「技術士」とは、第三十二条第一項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)を行う者をいう。

 要約すると、

「高度な専門的応用能力を持ち、科学技術に関する計画、研究、設計、分析、試験、評価及びこれらの指導を行う者」 を言います。

 1級建築士などと違って、回りくどいですね。

 1級建築士の「土木版」ともいうべきでしょうか。いや、土木のスペシャリストは「1級土木施工管理技士」があります。

 なお、この技術士、一般部門で20の部門があり、土木の「建設部門」のほか、「機械部門」「電気電子部門」「化学部門」など多岐に渡ります。

 そしてこの技術士、数少ない「文部科学省」の国家資格です!!

 しかし「技術士」のメリットが最もあるのが「土木職」の「設計業務」において、「管理技術者要件」に「技術士」や「RCCM」が挙げられるというわけです。なので、土木設計コンサルタント業者には、最も人気のある資格で、名刺にも書ける名称独占資格なわけです。(名称独占で、業務独占資格でないのが残念ですが、かつては日本の5大国家資格ともいわれていました)

 さて、技術士二次試験(一般部門)ですが、

 4月に願書を書き 

 7月に筆記試験(原稿用紙9枚)

 10月末に合格発表

 12~1月に口頭試験(20分)

 3月に合格発表

 という、1年がかりの、すごい試験なのです!!

 一筋縄ではいきません。

 最近では、「コンピテンシー」という、高度な人材の行動特性を重視した採点方式となっております。古い、昔の技術士の情報は全く役に立ちません。

 まずは願書の書き方で、コンピテンシーを学びましょう

 興味ある方は、是非下記リンク(ココナラ)でお待ちしております。


技術士二次試験「建設部門」道路 出願面談します そもそも技術士二次試験って何?という方へ。(ココナラ)

 


資格を取得しよう!!

婚活試験には落ちた戦士であるが、いろいろな資格を持っています。

別ページで、資格ノウハウを販売しておりますので、

興味のある方は、サービス購入を検討いただきたいと思います。

こちらのコメントでも、質問を受け付けますが、

戦士の得意を売る「ココナラ」のほうがレスポンスは早いと思います。

技術士二次試験「建設部門」道路 出願面談します(ココナラ)
技術士二次試験 願書小論文一緒に考えます(ココナラ)

1級土木実施試験ネタ一緒に考えます(ココナラ)
2級土木施工管理技士実務論文添削します(ココナラ)

資格を取得して、名刺に入れたり、スキルアップにつなげて、戦士のように?強くなろう!