技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問4

Ⅰ-1-4 計画・管理における科学的・数理的手法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

① 線形計画問題は、一般に、変数が整数値をとることを条件として加えると解くことが容易になる。

② 多目的最適化では、通常、パレート最適解がただ1つ求まる。

③ ゲーム理論は、意思決定をする主体が複数存在する状況を数学的に取り扱う方法論であり、非協力ゲームと協力ゲームとに大きく分けることができる。

④ デルファイ法では、複数の参加者が、回覧されるシートに各自のアイデアを記入していくことで、1 人で考えながらも全員の協同作業でアイデアを広げていくことを目指す。

⑤ 階層化分析は、分析対象のすべてをいくつかの群に分ける手法であり、何らかの基準に従って似ているものが同じ群に入るように分類する。

【正解③】

【解説】科学的・数理的手法については,全てキーワードから出題されている。 ①誤:線形計画法は,目的関数f(x),制約条件gi(x),hi(x)が全て一次関数である線形計画問題を解くための方法である。変数が整数である条件が追加された線形計画問題は,整数計画法であり,定式化できる対象は増加するが,解く事は難しくなるため,記述は誤り。 ②誤:多目的最適化とは、トレードオフの関係にある複数の目的関数を同時に求める最適化法である。多目的最適化で得られる解は、一般にパレート解と呼ばれ、パレート最適解は一般に無限個存在する。よって、記述は誤り。そのため、意思決定者の選好により最良な妥協解を選択する必要がある。目的関数や制約条件に確率変数が入ることもあるが、適当な変形により非線形計画問題に帰着することができる。 ③正:ゲーム理論とは,人々の動きや考え方をゲーム的に捉え、それぞれのプレイヤーの行動を分析したり、予想したりするための考え方である。複数の意思決定主体が存在する状況における意思決定の理論であり、ゲーム理論の基本的な考え方は、ある主体が意思決定をする際に、ほかの主体が自分の行動にどう対応してくるかを予測したうえで、自分にとって有利となる行動を決定することである。ゲーム理論は,想定するプレイヤーの行動様式の違いによって,協力ゲームと非協力ゲームの2つに分かれて発展している。 ④誤:デルファイ法とは、米国の大手シンク・タンクであるランド研究所が開発した意見集約の手法である。予想したいテーマに対して多数の専門家の意見を求め、得られた回答を統計的にまとめ、さらにその結果を添えて専門家たちに再検討させる手続きを複数回繰り返すことで意見を収斂させていく。記述はブレインライティングであるため,誤りである。 ⑤誤:階層化分析とは,意思決定者が自分で抱える問題の構造がはっきりしないとき,その構造を問題(目的)-評価基準-代替案の3層の階層図で表現した上で,評価基準や代替案の一対比較から代替案の重要度を求める方法である。意思決定者が1人ではなく,複数の人がコンセンサスをつくりながら意思決定する場合にも適用が可能である。記述は親和図法(KJ法)である。

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問3

Ⅰ-1-3 プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド) 第6版に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

① プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施される有期的な業務のことをいう。

② CPMは、プロジェクト・チームがプロジェクト目標を達成するために実行する作業の全範囲を階層的に分解したものである。

③ アクティビティ所要期間の見積りやコストの見積りに用いられる技法として、三点見積りやパラメトリック見積りがある。

④ ガントチャートは、スケジュール情報を視覚的に示す図の1つであり、縦軸にアクティビティをリストアップし、横軸に時間軸をとる。

⑤ リスク対応の計画において、脅威に対処するために考慮され得る戦略として、回避、軽減、転嫁、受容などがある。

【正解②】

【解説】PMBOKの内容についての理解に関する問題。選択肢③は,プロジェクトのコスト見積りの技法の種類にどのようなものがあるのか理解していないと回答できない。 ①正:プロジェクトとは,一連の調整された,管理された,開始日と終了日のある活動からなり,時間,コスト及び経営資源の制約を含む特定の要求事項に適合する目標を達成するために実施される特有のプロセス(ISO10006)に定義されている。 ②誤:CPM(Critical Path Method)とは,PERTの計算を前提とし,総所要時間が納期内に収まるよう,クリティカル・パス上の作業に対して,費用をかけて帰還を短縮する最適(コスト最小)な期間短縮方法を見出す手法である。作業の全範囲を階層的に分解するのは作業分解図(WBS:Work Breakdown Structure)である。 ③正:三点見積りは,プロジェクトの作業時間や,その作業の金額を楽観値,最可能値,悲観値の三点から見積る手法である。パラメトリック見積りは,関連する過去のデータとその他の変数との統計的関係を用いて,プロジェクト作業のコストを見積もる技法である。よって,問題文の記述は正しい。 ④正:ガントチャートの記述として正しい。ガントチャートは,作業の開始日から完了日までの期間をバーで示し、作業における依存関係を,矢印などを使用して視覚的に表したもので,工場などで人員や工程の管理などに利用される。 ⑤正:リスク対応の計画とは,リスク評価のことで,リスク解析により算定されたリスクの大小及びその特性によって決定するもので,リスク保有(受容),リスク低減(軽減),リスク回避,リスク移転がある。

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問1

Ⅰ-1-1 品質管理で用いられる図やグラフと,そこから読み取ることのできる内容の例の組み合わせとして,最も適切なものはどれか。

① 系統図:ある工場で作られる部品の重量について,平均値は規格の中心とほぼ一致しているが,分布の幅は規格の幅よりも大きい。

② 連関図:ある製品について,日々の不適合品率が一定の範囲内で推移しており,製造工程は安定した状態にある。

③ 管理図:ある製品部品の寸法誤差と作業時間との関係について,作業時間が短いほど寸法誤差が大きい傾向にある。

④ パレート図:ある書類の記入項目のうち,不備件数の最も多い「日付」と,その次に多い「口座番号」の2つで,不備件数のおおよそ80%を占めている。

⑤ ヒストグラム:ある商品について,顧客満足度に対する影響は,価格よりもアフターサービスの方が大きい。

【正解④】

【解説】

「QC7つ道具」と「新QC7つ道具」に関する問題。QC7つ道具とは,データを定量的に分析することで,品質管理/改善を可能とする統計的手法である。また,新QC7つ道具とは,主として言語データを図に整理することによって,問題の解決を図る手法である。 ①誤:系統図は,新QC7つ道具のひとつで,目的を果たすための手段を目的として捉え直し,その手段を考える作業を複数回展開し,目的と手段を枝分かれさせながら多段階展開する手法である。問題文の内容は,工程能力指数に関する記述である。 ②誤:連関図は,新QC7つ道具のひとつで,問題点とそれに関係する要因を短文で表現し,それらの因果関係を表現する手法である。管理図に関する記述である。 ③誤:管理図は,QC7つ道具のひとつで,データを時系列的に観察して,工程状態を判断し,管理するための折れ線グラフである。問題文では,製品の作業時間と寸法誤差の関係を述べているため,散布図に関する記述である。 ④正:パレート図は,QC7つ道具のひとつで,データを分類項目別に分け,それらを多い順に並べて,棒グラフと占有率の累積折れ線グラフで表した図である。問題文には,分類項目2つと占有率80%の記載があるため,パレート図の内容として正しい。 ⑤誤:ヒストグラムとは,QC7つ道具のひとつで,データの存在する範囲をいくつかの区間に当分し,各区間に入るデータの数を縦軸にとった柱状のグラフである。顧客の満足度に対する影響度は要因を項目で整理しているため,内容はマトリックス図に関する記述であり,ヒストグラムに関する内容としては誤り。

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問24

I -1 -24  インターネットのプロトコルなどで用いられている暗号方式やデジタル署名に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。なお,以下において,「メッセー ジ」は送信者から受信者に伝達したい通信内容(平文), 「ダイジェスト」はセキュアハツシュ関数を用いてメッセージを変換して生成した固定長のビット列のことをそれぞれ指す。 

①  暗号通信では, 暗号方式が同一であれば, 用いられる鍵を長くすると安全性は向上するが, 暗号化と復号が遅くなるという欠点がある。 

②  共通鍵暗号方式による暗号通信では, 送信者によるメッセージの暗号化と受信者による暗号文の復号に同じ鍵が用いられることから, 送信者と受信者が同一の鍵を共有する必要がある。 

③  公開鍵暗号方式による暗号通信では, 送信者が生成した公開鍵を用いてメッセージを暗号化したうえで送信し, 受信者は秘密鍵を用いて復号する。 

④  デジタル署名では, 送信者が生成した秘密鍵を用いてメッセージに対するダイジェストを暗号化したうえで送信し, 受信者は公開鍵を用いて復号する。 

⑤  テジタル署名により, メッセージが改ざんされていないこととダイジェストを生成した人が確かに署名者であることを確認できるが, メッセージの機密性は確保できない。 

【正解③】 

【解説】 

①正: 共通鍵暗号方式は暗号化・復号が高速におこなえるので、メッセージやファイルなどデータの暗号化に幅広く用いられています。公開鍵暗号方式は、暗号化・復号が共通鍵暗号方式と比べると遅いという欠点があります。 

②正:共通鍵暗号方式とは? 

文章を普通に暗号化した場合、鍵を知っていれば復号できます。 

例えば、3文字ずらすという規則で「ABCDE」を暗号化すれば「DEFGH」となりますが、3という鍵を知っていれば「DEFGH」を逆にずらすことによって復号し元の「ABCDE」を得られます。 

このように、暗号化するときと復号するときに同じ鍵を用いる暗号方式を共通鍵暗号方式と呼びます。この技術は 2000年以上前から用いられている方式です。この方式は暗号化する人と復号する人が同じ鍵を持っていて、他人に知られないことが重要ですので、秘密鍵暗号方式とも呼ばれています。 

③誤:公開鍵暗号方式とは? 

共通鍵暗号方式では暗号化する人と復号する人が同じ鍵を使いましたが、公開鍵暗号方式では暗号化する鍵復号する鍵異なっているのが大きな特徴です。この方式は一方の鍵を公開しても、もう一方の鍵が計算できないという画期的なものです。 

このことにより、共通鍵暗号方式のように当事者間ごとに鍵を作成する必要がなくなり、公開鍵を使うことで多くの鍵を作成したり管理したりしなくてすむという利便性があります。 

④正:デジタル署名 

 デジタル署名は、メッセージのダイジェストを署名者の秘密鍵で暗号化したものです。検証者はまず、署名者の公開鍵を使ってデジタル署名をダイジェストに復号します。 

⑤正:デジタル署名の定義 

メッセージに対するダイジェストを秘密鍵で暗号化することで、メッセージの改ざんを検出することができます。これをデジタル署名 (Digital Signature) と呼びます。デジタル署名を用いると、メッセージの完全性と作成者の認証が可能になります。デジタル署名を生成することを署名 (Sign) と呼び、デジタル署名が有効であることを確認することを署名の検証(Validate) といいます。 

参照:独立行政法人情報処理推進機構 

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問22

I-1-22  個人情報の保護に関する法律における個人情報の第三者への提供に関する本 

人の同意を確認する方法として,オプトインとオプトアウトの2種類の手続がある。これらの手続に関する次の記述のうち, 最も不適切なものはどれか。 

①  オプトイン手続により,個人データの第三者への提供に関して,あらかじめ本人から同意を得た場合, この同意に基づき個人データを第三者に提供できる。 

② オプトイン手続により個人データを第三者に提供しようとする者は,オプトイン手続を行っていること等を個人情報保護委員会へ届け出ることが必要である。 

③ オプトアウト手続では, 第三者に提供される個人データの項目等について, あらかじめ, 本人に通知するか, 又は本人が容易に知り得る状態に置く必要がある。 

④  オプトアウト手続の届出義務の主な対象者は,いわゆる名簿業者であり,名簿業者以外の事業者の場合, 届出が必要となるかどうかは個別の判断となる。 

⑤  要配慮個人情報の取得や第三者への提供には, 原則として本人の同意が必要であり,オプトアウト手続による第三者提供は認められていない。 

【正解②】 

【解説】 

①正:「オプトイン」とは、受信者となる人が事前に送信者に対してメール送信に対する同意を与える、もしくは依頼するという形のことで、受信者が参加の意思表示を「オプトイン」の手続きによって行うことによって初めて、送信者はメールを送ることができことになる。つまり、あらかじめ同意を得た者に対してのみ送信を認める方式が「オプトイン方式」である。 

参照:一般財団法人 情報通信振興会HP 

②誤:内容はオプトアウトである。 

改正個人情報保護法の施行(平成29年5月30日)に伴い、法第23条第2項に基づくオプトアウト手続により個人データを第三者提供しようとする者(現にオプトアウト手続を行っている者に加えて、新たにオプトアウト手続を行う予定の者を含みます。)は、オプトアウト手続を行っていること等を個人情報保護委員会へ届け出ることが必要となりました。 

参照:個人情報保護委員会HP 

③正:オプトアウトについて、「あらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置く」方法が明確化されると共に、オプトアウトに関する事項を個人情報保護委員会にあらかじめ届けなければならないことになります。 

参照:BUSINESS LAWYERS HP 

④正:オプトアウト手続の届出の主な対象者は、いわゆる名簿業者です。 

参照:個人情報保護委員会HP 

⑤正:改正個人情報保護法の施行(平成29年5月30日)に伴い、法第23条第2項に基づくオプトアウト手続により個人データを第三者提供しようとする者(現にオプトアウト手続を行っている者に加えて、新たにオプトアウト手続を行う予定の者を含みます。)は、オプトアウト手続を行っていること等を個人情報保護委員会へ届け出ることが必要となりました。 

参照:個人情報保護委員会HP 

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問21

I-1-21   政府が推進するSociety 5.0によって新たに実現される社会等に関する次の記述のうち, 最も不適切なものはどれか。 

①  Society5.0とは,狩猟社会,農耕社会,工業社会,情報社会に続く,人類社会発展の歴史における5番日の新しい社会を指す。 

②  Society 5.0では, IoTで人とモノがつながり様々な知識や情報が共有されることで新たな価値が生まれ,  また, 人工知能により必要な情報が必要な時に提供されるようになる。 

③  Society5.0の新たなしくみでは,サイバ一空間に存在するクラウドサービスにフィジカル空問にいる人間がアクセスし自ら情報を解析することで価値が生まれる。 

④  Society5.0では,イノベーションで創出される.新たな価値により,格差なく,多様なニーズにきめ細かな対応が可能となり, 社会システム全体が最適化され, 経済発展と社会的課題の解決が両立できる社会となる。 

⑤  Society5.0では,人工知能やロボットに支配され監視されるような未来ではなく誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会を実現していく。 

【正解③】 

【解説】 

①Society5.0の仕組み

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。 

②正:Society 5.0で実現する社会 

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服することである。 

③誤: Society 5.0のしくみ 

Society 5.0では、フィジカル空間のセンサーからの膨大な情報がサイバー空間に集積されます。サイバー空間では、このビッグデータを人工知能(AI)が解析し、その解析結果がフィジカル空間の人間に様々な形でフィードバックされます。今までの情報社会では、人間が情報を解析することで価値が生まれてきました。Society 5.0では、膨大なビッグデータを人間の能力を超えたAIが解析し、その結果がロボットなどを通して人間にフィードバックされることで、これまでには出来なかった新たな価値が産業や社会にもたらされることになります。 

この選択肢の説明は、Society4.0の説明となり誤りです。

④正:経済発展と社会的課題の解決を両立するSociety 5.0へ 

IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった社会の在り方に影響を及ぼす新たな技術の進展が進んできており、我が国は、課題先進国として、これら先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していく新たな社会であるSociety 5.0の実現を目指している。 

⑤正:Society 5.0による人間中心の社会 

これまでの社会では、経済や組織といったシステムが優先され、個々の能力などに応じて個人が受けるモノやサービスに格差が生じている面がありました。Society 5.0では、ビッグデータを踏まえたAIやロボットが今まで人間が行っていた作業や調整を代行・支援するため、日々の煩雑で不得手な作業などから解放され、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるようになります。 

これは一人一人の人間が中心となる社会であり、決してAIやロボットに支配され、監視されるような未来ではありません。また、我が国のみならず世界の様々な課題の解決にも通じるもので、国連の「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)の達成にも通じるものです。 

参照:内閣府HP 

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問20

I-1-20 統計手法を適用した以下の事例の(ア)~(エ)にっいて, それぞれ用いられた手法の組合せとして, 最も適切なものはどれか。

(ア) 不規則変動が激しい時系列データの傾向を読みやすくするため, 一定の期間ごとにずらしながら平均をとった。

(イ) 時系列データの基準時点に対しての変化の大きさを読みやすくするため, 基準時点の値を100とした相対値でデータを表した。

(ウ) 2つの異なる変数x, yの関係を見るため,横軸をx;,縦軸をyとする散布図を描いた。

(エ) 分析結果に基づいて変数yの将来の値を予測するため, 変数xを用いて変数yを表す予測式を求めた。

      (ア)      (イ)       (ウ)       (エ)

1   調和平均    指数化     因子分析    主成分分析 

2   移動平均    指数化     因子分析    回帰分析

3   移動平均    正規化     相関分析    主成分分析 

4   移動平均    指数化     相関分析    回帰分析 

5   調和平均    正規化     因子分析    主成分分析 

【正解④】

【解説】

(ア):移動平均 ・調和平均:観測値の逆数の算術平均の逆数であり、次の式で表される。 a>0,b>0の場合、2/(1/a+1/b) ・移動平均:移動平均とは、時系列データにおいて、ある一定区間ごとの平均値を区間をずらしながら求めたものである。 参照:統計web

(イ):指数化 ・指数化:同種の数量の時間的あるいは場所的な変化を比率によって示すこと。まず基準となる時点を決め、その時点の量を基準値100とし、比較する数値をこれに対する割合として98や105といった指数で示すこと。参照:weblio辞書

・正規化:データ等々を一定のルール(規則)に基づいて変形し、利用しやすくすること。別の言い方をするならば、正規形でないものを正規形(比較・演算などの操作のために望ましい性質を持った一定の形)に変形すること。参照:wikipedia

(ウ)相関分析 ・因子分析:多変数の観測データからその中に潜在する共通因子を求める手法で、1904年にスピアマン(Spearman)によって提案された。観測データは結果系であり、その原因系としての因子を求める。参照:統計web

・相関分析:2つ以上の変量で一方の変量が変化した時に、他方もその変化に応じて変化する関係のことを相関関係という。そして、この関係を統計的に分析することを、相関分析という。参照。UdemyメディアHP

(エ)回帰分析 ・主成分分析   多変量データに共通な成分を探って、一種の合成変数(主成分)を作り出すもの ・回帰分析 結果となる数値と要因となる数値の関係を調べて、それぞれの関係を明らかにする統計的手法です。事象の予測・シミュレーション、検証、要因分析などを行うときに用いられる。 一般的に 単回帰単回帰の計算式:y=a+b・x 重回帰重回帰の計算式:y=a+b1・x1+b2・x2+・・・・・ の式(回帰式)で表す。  参照:埼玉県HP

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問19

I-1-19 ある会社では, 2機種 (機種A, 機種B) のサーバを使用しており, いずれの機種のカタログにもMTBF(平均故障問隔)は1,000時間と記載されている。使用しているすべてのサーバの運用開始から現時点までの総稼働時間, 総修理時間, 故障件数を調べ, 機種ごとに集計したところ下表が得られた。 MTBFの観点から見た, 機種Aと機種Bの信頼性に関する次の記述のうち, 最も適切なものはどれか。

① 機種A, 機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を下回る。

② 機種Aの信頼性はカタログ値を上回るが,機種Bの信頼性はカタログ値を下回る。

③ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値と一致する。

④ 機種Aの信頼性はカタログ値を下回るが, 機種Bの信頼性はカタログ値を上回る。

⑤ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を上回る。

【正解②】

【解説】 MTBFはMean Time Between Failuresの略。Mean Timeが平均の意味。故障と故障の間の時間、つまり稼働している時間になります。平均故障間隔といいます。 信頼性=MTBF/故障件数

(補足)  MTTRはMean Time To Repairの略。故障から復旧までの時間、修理が終わるまでの時間になります。平均修理時間といいます。 稼働率とは、すべての時間の中で稼働している時間の割合を表します。つまり、

稼働率=MTBR/(MTBR+MTTR)

機種A MTBF=1,093,800h 信頼性=1,093,800h/987件=1108h/件 >1000h 

機種B MTBF=1,148,300h 信頼性=1,148,300h/1283件=895h/件 <1000h

以上より、信頼性は、機種Aはカタログ値を上回る。機種Bはカタログ値を下回る。      

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問18

I-1-18 無人航空機は, 緊急時の情報収集をはじめとする様々な場面での活用が期待されている。 無人航空機 (航空法によるもの) を飛行させる際に順守すべき事項に関する次の記述のうち, 最も適切なものはどれか。

① 無人航空機及びその周囲の日視による常時監視には, 双眼鏡による常時監視や補助者による常時監視は含まれない。

② 屋内であっても人口集中地区は航空法の規制対象となるので, 他の条件によらず飛行に国士交通大臣の許可が必要となる。

③ 無人航空機を用いて農薬を散布する場合には, 国土交通大臣の承認は必要ない。

④ 無人航空機の操縦や画像伝送に利用する.無線通信システムは電波法令の規制対象外となるので, 使用する周波数と送信出力によらず飛行に無線技士の資格は必要ない。

⑤ 無人航空機を用いて計測機器を設置する場合には, 他の条件によらず国士交通大臣の承認が必要となる

 【正解①】

【解説】 プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドラインVer2.0 (2020 年 3 月石油コンビナート等災害防止3省連絡会議(総務省消防庁、厚生労働省、経済産業省))より、以下に無人航空機の航空法の適用について示す。 1.3 航空法の適用について ドローンの活用は、航空法(5.1 節参照)の規制の下、実施される必要がある。従って、 航空法第 132 条により無人航空機の飛行の制限がされている空域で飛行を実施する場合、 航空法第 132 条の 2 により規定されている方法以外による飛行を実施する場合には、地方 航空局長の許可・承認を受ける必要がある。具体的に許可・承認を受ける必要がある条件は、 以下の通りである。

(1) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域は以下である。 (ア) 地表又は水面から 150m 以上の高さの空域 (イ) 空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域 (ウ) 人口集中地区の上空の空域 (2) 無人航空機の飛行の方法は以下の通りであり、以下の方法以外での飛行を行う場合には、承認が必要となる。 (ア) 日中(日出から日没まで)に飛行させること (イ) 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること (ウ) 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること (エ) 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し会場の上空で飛行させないこと (オ) 爆発物など危険物を輸送しないこと (カ) 無人航空機から物を投下しないこと

①正:上記の(2) (イ) より、常時監視の定義は直接肉眼による。

②誤:屋内は、上記の(1) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域に当てはまらない。

③誤:無人航空機を利用して農薬等を散布する場合は、航空法に基づき、あらかじめ国土交通省の許可・承認を受ける必要がある。

④誤:総務省HPより、「ロボットを利用する際には、その操縦や、画像伝送のために、電波を発射する無線設備が広く利用されています。これらの無線設備を日本国内で使用する場合は、電波法令に基づき、無線局の免許を受ける必要があります」。

⑤誤: 無人航空機を用いて計測機器を設置することは、上記の(2) (カ) より、物の投下に当てはまらない。

技術士総監ソング「プラスチックごみの歌」

総監キーワード「海洋プラスチックごみ問題」について、替え歌を作りました。

聴覚から覚え、海洋プラスチック問題について考えてみませんか。

歌詞

プラスチックごみ
増えてるぜ

プラスチックごみ
海に流れてるぜ 1位中国、アジア

海の中には1億5千万トン

ペットボトル プラボトル
容器類 漁網にロープに ブイブイ
ポリ袋 発泡スチロール

地球規模で広がる プラスチック

魚も食べちゃう マイクロ プラスチック

船舶航行 障害

観光 漁業にも影響

魚の量より多いぜ 

年間800万トン

手遅れになるまえに 再利用!

発生抑制 製造

リサイクルリユースリデュース

手遅れになる前に さあ 3R!