技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問7

Ⅰ-1-7 財務諸表に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、ここでのキャッシュ・フロー計算書は間接法によるものとする。

① 損益計算書には、前期末から当期末までの期間において、銀行からの借入やその返済など、資産。負債を直接増減させる個別の取引が記載される。

② 貸借対照表には、前期末から当期末までの期間において、会社の現金の出入りに係わる個別の取引が記載される。

③ キャッシュ・フロー計算書には、前期末から当期末までの期間における収益・費用と資産・負債などの期末残高が記載される。

④ 減価償却費は、キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローにおいて、利益に加え戻されて記載される。

⑤ フリー・キャッシュ・フローは、キャッシュ・フロー計算書の投資活動によるキャッシュ・フローに財務活動によるキャッシュ・フローを加えたものである。

【正解④】

【解説】キャッシュ・フロー計算書の間接法における「減価償却費等の非資金費用を営業キャッシュ・フローの計算において加算する」ことは理解しにくいため,様々なサイトに解説が多くある。

①誤:損益計算書は,企業が1年間でどれだけ売り上げを出し,結果としてどれだけ利益(または損失)を上げたのかを見るものである。期首から期末の期間における数値を集計したものであり,個別の取引は記載されない。記述は誤り。

②誤:貸借対照表は,ある一定時点(通常は決算日)における資産,負債,資本の財政状態を表す。組織の健全性を分析する基礎資料になる。資産には現金以外の流動資産(手形,売掛金,有価証券,商品など)や固定資産(土地,建物,機械装置など)を含む。そのため,現金に限定しないこと及び個別の取引は記載されない点が誤りである。

③誤:キャッシュ・フロー計算書は,企業の活動を3つに分けて,1年間でどのようなお金の流れがあったかを見るものである。名前の通り,キャッシュ(現金)の流れを表すものであるため,キャッシュ・フロー計算書の最終的な数字は,現金及び現金同等物の期末残高であるから,収益・費用と資産・負債は記載されない。よって,記述は誤り。

④正:減価償却費は,長期にわたって使用する固定資産について,時間の経過に合わせて費用として計上する。減価償却費はキャッシュの取引を伴わないため,直接法では扱わない。間接法では損益計算書と貸借対照表から作成する際に,キャッシュの取引を伴わないのに,利益=売上-費用で計算すると費用のところに,減価償却費分が余計に差し引かれて差異が発生する。本来はキャッシュの額は減価償却費の分だけ多くなるため,営業キャッシュ・フローの利益に加えることで,キャッシュの差異を補正している。したがって,記述は正しい。

⑤誤:フリー・キャッシュ・フローは,事業継続に必要な支出を控除した後のフリーなキャッシュ・フローのことを言う。企業本来の営業活動から獲得したキャッシュ・フロー(営業キャッシュ・フロー)から事業維持のために投資に回したキャッシュ・フローを差し引いたものである。フリー・キャッシュ・フロー=営業キャッシュ・フロー-投資キャッシュ・フロー   

技術士には体力も必要。管理人も飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA