技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問19

I-1-19 ある会社では, 2機種 (機種A, 機種B) のサーバを使用しており, いずれの機種のカタログにもMTBF(平均故障問隔)は1,000時間と記載されている。使用しているすべてのサーバの運用開始から現時点までの総稼働時間, 総修理時間, 故障件数を調べ, 機種ごとに集計したところ下表が得られた。 MTBFの観点から見た, 機種Aと機種Bの信頼性に関する次の記述のうち, 最も適切なものはどれか。

① 機種A, 機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を下回る。

② 機種Aの信頼性はカタログ値を上回るが,機種Bの信頼性はカタログ値を下回る。

③ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値と一致する。

④ 機種Aの信頼性はカタログ値を下回るが, 機種Bの信頼性はカタログ値を上回る。

⑤ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を上回る。

【正解②】

【解説】 MTBFはMean Time Between Failuresの略。Mean Timeが平均の意味。故障と故障の間の時間、つまり稼働している時間になります。平均故障間隔といいます。 信頼性=MTBF/故障件数

(補足)  MTTRはMean Time To Repairの略。故障から復旧までの時間、修理が終わるまでの時間になります。平均修理時間といいます。 稼働率とは、すべての時間の中で稼働している時間の割合を表します。つまり、

稼働率=MTBR/(MTBR+MTTR)

機種A MTBF=1,093,800h 信頼性=1,093,800h/987件=1108h/件 >1000h 

機種B MTBF=1,148,300h 信頼性=1,148,300h/1283件=895h/件 <1000h

以上より、信頼性は、機種Aはカタログ値を上回る。機種Bはカタログ値を下回る。      

技術士には体力も必要。管理人も飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA