技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問15

1-1-15 ある管理職が、次の(ア)~(オ)のような部下の能力開発について検討を行っている。それぞれの部下が経験する能力開発手法の組合せで、最も適切なものはどれか。

(ア)A君は、仕事のやり方は概ね覚えたが、対人能力を高める必要があることから、当社と契約している教育機関のマンツーマントレーニングに参加させたい。

→ 教育機関=外部機関のため、OFF-JTである。 


(イ)B君には、将来海外部門で幹部となってほしいことから、まずは海外支店に異動させ、支店長の指導の下で、語学力向上も目指して海外業務を経験させたい 。

→支店長の指導の下なので、OJTである。


(ウ)C君は、事務処理能力は優れているが、企画能力は十分ではないため企画課に数か月預け、業務を手伝いながら学んでもらいたい。

→企画課での実務を通しての教育のため、OJTである。


(エ)D君は、週に一度職務時間外の英語講座に通いた いと話していた。彼ができるだけ参加できるよう、その曜日の残業は配慮したい。

→D君の意思によるものなので、自己啓発である。


(オ)E君には、問題解決能力を高めるために、ブレインストーミングの社内研修に参加してもらいたい。

→社内研修は、OFF-JTである。

  (ア)  (イ)  (ウ)  (エ)  (オ)
① OFF-JT   O]T   OJT  自己啓発   OFF-JT
②  OJT   自己啓発  OJT   OFF-JT   OFF-JT
③ OFF-JT  自己啓発 OFF-JT 自己啓発   OJT
④  OJT   OFF-JT  OJT   OFF-JT   OFF-JT
⑤ 自己啓発  OJT   OJT   OFF-JT  自己啓発

以上より、正解は①である。

技術士には体力も必要。管理人も飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA