技術士総合技術監理部門2020択一問題 問10解説

1-1-10 労働者(高度プロフェッショナル制度適用者、研究開発業務従事者を除く)のメンタルヘルスケアやストレスチェックに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

①衛生委員会の設置が義務付けられている事業場においては、労働者の精神的健康の保持増進を図るための対策の樹立について、衛生委員会が調査審議を行う。

→適切 労働安全衛生法において、衛生委員会の調査審議事項に「労働者の精神的健康の保持増進を図るための対策の樹立に関すること」が定められている。


②産業医の選任が義務付けられていない事業場においては、労働者へのストレスチェックは努力義務である。

→適切 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアルによると、ストレスチェック制度は当分の間、努力義務とされていますが、労働者のメンタルヘルス不調の未然防止のため、できるだけ実施することが望ましいこととされている。


③事業者は、法定労働時間を超えて労働した時間が月80時間を超えた労働者に対して、その超えた時間に関する情報を当該労働者に通知しなければならない。

→適切 平成31年4月の労働安全衛生法改正により、長時間労働者(1月当たり80時間超)に対し、労働時間の状況に関する情報を通知することを事業者に義務付けられている(則第52の2条)


④高ストレス者を選定するための選定基準は、医師等のストレスチェック実施者の意見等を踏まえ事業者が決定する。

→適切 ストレスチェック制度関係 Q&A により、選定基準については、各事業場の衛生委員会等で調査審議した上で決定する(Q4-2)

⑤事業者は、ストレスチェックでは面接指導対象者として選定されなかった労働者に対しても、面接指導の申出に応じる義務がある。

→不適切 そのような規定はない。

技術士には体力も必要。管理人も飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA