交通工学研究会認定TOP攻略

はい、また謎の資格です。

交通工学って道路のことでしょう? だったら「技術士」でいいじゃない。。

いやいや、そうじゃないんです。

以下、交通工学研究会HPより抜粋
 道路交通技術に関連する我が国の資格には国家資格である「技術士」の他、「RCCM」(建設コンサルタンツ協会)、「土木学会認定技術者資格」(土木学会)などがあります。しかし、これらの資格制度は、必ずしも道路交通に対象技術分野を絞っていないため、道路交通技術者の養成には直結しません。道路交通技術は多岐にわたる技術分野の総合としての応用技術です。また、制度的にも交通管理者である警察庁、道路管理者である国土交通省や総務省、経済産業省など多くの省庁が関係しています。
 

(1)交通工学研究会認定TOP(交通技術資格者)

 道路交通技術に関わる基礎的専門知識を有し、道路交通運用に関わる専門業務に従事できる者を認定します。

(2)交通工学研究会認定TOE(交通技術上級資格者)

 道路交通運用に関わる専門業務経験を豊富に持ち、道路交通技術に関わる高度な専門知識を広く体系的に有し、実務に指導的に取り組む能力を有する者を認定します。

 今、私は「TOP」を取得しており、最終的には「TOE」を目指したいと考えております。

 交通技術者の第1歩である「TOP」ですが、5者択一問題で70問中64%の正解率で合格(約45問)します(2020年10月現在)

 が、このTOP試験、メモはできない、電卓は使えない、普段使わない単語が多いなど、交通工学研究会独自のイジワル問題のオンパレードです。

 書籍「道路交通技術必携2018」から出題されますが、ページがありすぎて、どこを勉強していいのかもわかりにくいです。

 さて、そこで私からのナレッジアドバイスです。

 TOPは過去問は売ってませんが、入手ルートはあります。

 これだ!!!

 私が意地になって、過去問を分析したものです。

 TOPは受験料が16,200円、 再受験でも8,100円・・・

 その過去問題が、なんと1,000円で手に入る・・・!

 そう考えると、安い買い物です。実際、評価にも喜びの声が届いていますので、スコアアップのために活用をおすすめします。

 「道路交通技術必携2018」は 必ず買ってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA