クレーンゲームについて

 

先日、大量のクレーンゲームのプライズ景品を売ってきた。

が、買取価格は二束三文であった。

 それもそのはず、ゲームセンターの景品は風営法で、上限額が決まっており、

原価はだいたい1,000円以下なのだ。

 メルカリなどのフリマサイトで見ても、せいぜい上限2,000円で売られていることがわかる。

 今回、人気があると思っていた「鬼滅の刃」や「リゼロ」は特に出回っているらしく、たったの「300円」で買い取りされた。これならフリマアプリに出したほうがマシ?とも思ったが、フリマアプリは梱包が大変で費用対効果が薄い。

 今回良い値(2020年10月現在)がついたのは

 ソードアートオンライン アスナ(600円)

 スロウスタート 一ノ瀬花(600円)

高い!といっても、600円・・・では一体、ゲットするのにいくらかかったと思ってるんだ?

 と、いうわけで、クレーンゲームをやるときは、自分のデッドライン

(損益分岐点)を決めておこう。いくら使ったらおしまい、メルカリで買う!などルールを決めること!

 損益分岐点についてはこちらの本で勉強しましょう(笑)

 では、最後にチコちゃんから

「クレーンゲームばっかりやってんじゃねーよ!!」

技術士には体力も必要。管理人も飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA