技術士攻略/1級2級土木施工/交通工学研究会TOP/婚活/金融・借金/健康・ダイエット/ホビーなどを語るブログです。

技術士総合技術監理部門 人的資源管理 三択クイズ「三択光晴」公開!

技術士総合技術監理部門 人的資源管理 択一対策 として、三択クイズ

三択光晴 を作成しました。

比較的簡単に仕上げてあるので、楽しく覚えていただければと思います。

「三択光晴」の特徴

・近年話題の「人材不足」に特化

・三択で分かりやすい、1回10問とお手軽。

・テレワークなどの情報管理、安全管理と重複する問題も出題。

・今後もアップデート予定

三択光晴 はこちら

YouTubeで総監関連動画を作成しました。

 こんにちは。私もついにYouTubeデビューしました。

まずは自分の勉強がてら、技術士総合技術監理部門の動画を上げたいと思います。

総監キーワード2021解説


択一 人的資源管理 分析・予想

 

パワーポイントを使った動画なので、比較的容易に作れます。

今後、経済性、情報、社会環境、安全も上げたいと思いますので

よろしくお願いします。

技術士総合技術監理部門キーワード集2021 変更点解説

総監キーワード集2021が発表されました。

キーワード表を並べて対比、まとめましたのでざっくり説明します。

新キーワード

追加されたキーワード

・工程見積もり

(ボトムアップ見積もり、類推見積もり、パラメトリック見積もり、三点見積もり)

・モンテカルロシミュレーション

・対話型組織開発

・障害者雇用納付金制度

・ダイバーシティ・マネジメント

・グローバル人材開発

・マンツーマントレーニング

・Safety2.0

・ELSI(倫理的、法的、社会的課題)

・オールハザードアプローチ

・リスク分析の前提条件(組織の内外環境の特定、分析の適用範囲の設定)

・感染症・パンデミック

・ボウタイ分析

分割・統合・変更されたキーワード

・費用効果分析⇒ 費用便益分析、費用効用分析(従来の単語も残ります)

・原価償却 ⇒ 減価償却費(誤字?)

・団結権、団体交渉権、団体行動権⇒ 労働三権(従来の単語も残ります)

・LGBT ⇒ LGBTQ

・保険制度 ⇒ 雇用保険制度、労災保険制度(従来の単語も残ります)

・ハラスメント ⇒ パワーハラスメント セクシャルハラスメント(従来の単語も残ります)

・デジタル変革 ⇒ デジタルトランスフォーメーション(DX)

・安全衛生委員会 ⇒安全委員会 衛生委員会(従来の単語も残ります)

・LOPA ⇒ LOPA(防護層解析)

廃止されたキーワード

・劣化防止、劣化測定、劣化回復

・連続型、離散型シミュレーション

キーワード表対比

まえがき

変更なし

経済性管理

費用効果分析が、費用便益分析、費用効用分析に分けられました。


工程管理に、ボトムアップ見積もり、類推見積もり、パラメトリック見積もり、三点見積もりが追加されました。


原価償却が 減価償却費に変更になりました。誤字?


劣化防止 劣化測定 劣化回復 が廃止されました。


離散型シミュレーション、連続型シミュレーションが廃止され

モンテカルロシミュレーションが追加されました。

人的資源管理

対話型組織開発 が追加されました。


労働組合法が集約されました。

障害者雇用納付金制度が追加されました。


ダイバーシティ・マネジメントが追加されました。

保険制度が 雇用保険制度、労災保険制度 に分割されました。

ハラスメントが パワーハラスメント セクシャルハラスメントに分割されました。

LGBTが LGBTQに変更になりました。


グローバル人材開発 が追加されました。

マンツーマントレーニング が追加されました。

情報管理

デジタル変革の技術が

デジタルトランスフォーメーション(DX)の技術 に変更になりました。

安全管理

安全の概念が変更されました。

Safety2.0、ELSI(倫理的、法的、社会的課題)、オールハザードアプローチが追加されました。


リスク分析の前提条件、組織の内外環境の特定、分析の適用範囲の設定 が追加されました。

起こりやすさの変更(一般)、結果の変更(一般)が廃止されました。


安全衛生委員会が、安全委員会、衛生委員会に分割されました。


LOPA が LOPA(防護層解析) に変更されました。


 

感染症・パンデミックが追加されました。



手法が 具体的手法に変更されました。

ボウタイ分析が追加されました。

社会環境管理

変更なし

技術士総合技術監理部門新キーワード2021 工程見積り

新しいキーワードで、工程見積りが増えましたので引用、解説します。

引用元:クラウドログ

ボトムアップ見積り

ボトムアップ見積もりは成果物や作業を分解し、構成要素の工数を算出し、積み上げて全体の工数を見積もる手法です。

メリット:分解することでやるべき作業が明確になり、システム要件が把握

デメリット 要件が定まっていないと作業が不明確なので、プロジェクトが進まないと使えない。

類推見積り

過去に類似の事例があればその実績値を使うことができるので、比較的容易に工数を見積もれるメリットがあります。 しかし、類似の事例といってもプロジェクトが全く同じではないため、見積もり精度が低いといったデメリットがあります。 また、担当者の経験に寄るところも見積もり精度に影響を及ぼします。

パラメトリック見積り

機能といった要素に必要なファイル数やレコード数をもとに重み付けをするため、見積もりの根拠が明確で顧客の理解が得られやすいメリットがあります。 しかし、見積もりに必要な情報が厳密に決められており、プロジェクトが進まないと見積もることが難しいというデメリットがあります。

三点見積り

 三点見積もり法は、作業毎に最頻値・楽観値・悲観値を設定し、値を掛け合わせて工数を算出する手法です。

 現実的な工数である最頻値の他に、最良な状態でプロジェクトが進んだ場合の楽観値や最悪な場合の悲観値を掛け合わせた期待値が工数になります。 多少のリスクを含めた一点見積もりよりもバッファが設けられているため、誤差を減らせるメリットがあります。

引用元:クラウドログ

2020年度 第29回eco検定

技術士総監部門とキーワードが被る、eco検定を受験してきました。

今年は新型コロナ関連の問題も出ましたね。

総監キーワード「環境ラベル」の問題です。

第5次環境基本計画の問題も出ました。

3にマークしてしまいましたが、1の「低炭素」が正解です。

解答速報案

問1 1 1 1 2 1 1 2 1 2 1

問2 2-1  1 4 8 9 12

問2 2-2  1  3  8  11  14

問3  4 2 3 2 4 4 1 2 4 1

問4  2 4 9  10  14  18  20  22  25  30

問5  1 2 2 3 4

問6  1 3 1 3 2 4 3 3 2 2

問7  2 3 2 1 3

問8  3 2 4 1 2 4 1 2 2 3

問9 9-1  2  6  8  12  13

問9 9-2  3  5  8  10  12

問10 1 2 2 3 3

他に難しい問題は、問6のケの災害廃棄物が、市町村が処分する「②一般廃棄物」であることですね。

総監キーワードの補強が期待できるeco検定、おすすめです。

※毎年、募集と同時に予約が殺到するみたいで、即日埋まってしまうので、申し込みはお早目に・・・

1級土木施工管理技士 2020年度 実施試験考察

1級土木施工管理技士 実施試験問題をとあるルートから入手しました。ちょっと見てみたいと思います。

経験記述

またしても、「品質管理」! もう品質管理無くして、1級土木の資格なし? というくらい ここ数年毎年出てますね! 「品質管理」は 必ず勉強しましょう。

穴埋め問題

穴埋め問題も、速攻で一部解いてみたよ!(正解ではありませんのでご注意ください。)

うーーん。久しく土木に触れてないから、合ってるかどうかわからないですね。

後日、答え合わせをしてみたいと思います・・・。

受験者の皆さん、お疲れ様でした!

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説まとめ

2020年度の択一式問題の解説ページを下記のとおり40問全てまとめました。

2021年度以降、同じ問題が出る確率は低いですが、この機会に復習しておきましょう。

提供:総監クラブ

経済性管理

問題1 品質管理の図とグラフ

問題2 NPV法の計算問題

問題3 PMBOK

問題4 科学的 数理的手法

問題5 サプライチェーンの途絶

問題6 原価差異分析

問題7 財務諸表

問題8 機械設備の保全活動

技術士はマッサージも必要

人的資源管理

問題9 男女雇用機会均等法,高齢者雇用安定法等の諸法令

問題10 メンタルヘルスケア ストレスチェック

問題11 障害者雇用促進法

問題12 ダイバーシティ・マネジメント

問題13 ジョブローテーション

問題14 技能実習法(外国人の技能実習)

問題15 部下の能力開発

問題16 人的資源管理用語説明

ドメイン1円から

情報管理

問題17 知的財産の出願件数の推移

問題18 無人航空機(ドローン)

問題19 MTBF (平均故障問隔)

問題20 統計手法

問題21 Society 5.0

問題22 オプトインとオプトアウト

問題23 AI(機械学習)

問題24 暗号方式、デジタル署名

技術士にふさわしい体形になろう

安全管理

問題25 システム安全工学手法

問題26 労働者派遣事業と請負の違い

問題27 ロボット、AI、Iot、自動運転

問題28 システム信頼度

問題29 リスクコミュニケーション

問題30 リスク認知におけるバイアスの種類

問題31 原子力発電と安全文化

問題32 長期使用製品安全点検制度の特定保守製品

技術士もスマ活の時代です。

社会環境管理

問題33 気候変動適応法 気候変動適応計画

問題34 生物多様性の保全

問題35 プラスチック資源循環戦略

問題36 リサイクル関連法

問題37 我が国の気候の長期的傾向

問題38 第五次環境基本計画等

問題39 環境影響評価法

問題40 様々な組織の社会的責任と環境管理活動

技術士取るなら「スタディング」

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問24

I -1 -24 インターネットのプロトコルなどで用いられている暗号方式やデジタル署名に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。なお,以下において,「メッセー ジ」は送信者から受信者に伝達したい通信内容(平文), 「ダイジェスト」はセキュアハツシュ関数を用いてメッセージを変換して生成した固定長のビット列のことをそれぞれ指す。

① 暗号通信では, 暗号方式が同一であれば, 用いられる鍵を長くすると安全性は向上するが, 暗号化と復号が遅くなるという欠点がある。

② 共通鍵暗号方式による暗号通信では, 送信者によるメッセージの暗号化と受信者による暗号文の復号に同じ鍵が用いられることから, 送信者と受信者が同一の鍵を共有する必要がある。

③ 公開鍵暗号方式による暗号通信では, 送信者が生成した公開鍵を用いてメッセージを暗号化したうえで送信し, 受信者は秘密鍵を用いて復号する。

④ デジタル署名では, 送信者が生成した秘密鍵を用いてメッセージに対するダイジェストを暗号化したうえで送信し, 受信者は公開鍵を用いて復号する。

⑤ テジタル署名により, メッセージが改ざんされていないこととダイジェストを生成した人が確かに署名者であることを確認できるが, メッセージの機密性は確保できない。

【正解③】

【解説】

①正: 共通鍵暗号方式は暗号化・復号が高速におこなえるので、メッセージやファイルなどデータの暗号化に幅広く用いられています。公開鍵暗号方式は、暗号化・復号が共通鍵暗号方式と比べると遅いという欠点があります。

②正:共通鍵暗号方式とは? 文章を普通に暗号化した場合、鍵を知っていれば復号できます。 例えば、3文字ずらすという規則で「ABCDE」を暗号化すれば「DEFGH」となりますが、3という鍵を知っていれば「DEFGH」を逆にずらすことによって復号し元の「ABCDE」を得られます。 このように、暗号化するときと復号するときに同じ鍵を用いる暗号方式を共通鍵暗号方式と呼びます。この技術は 2000年以上前から用いられている方式です。この方式は暗号化する人と復号する人が同じ鍵を持っていて、他人に知られないことが重要ですので、秘密鍵暗号方式とも呼ばれています。

③誤:公開鍵暗号方式とは? 共通鍵暗号方式では暗号化する人と復号する人が同じ鍵を使いましたが、公開鍵暗号方式では暗号化する鍵と復号する鍵が異なっているのが大きな特徴です。この方式は一方の鍵を公開しても、もう一方の鍵が計算できないという画期的なものです。 このことにより、共通鍵暗号方式のように当事者間ごとに鍵を作成する必要がなくなり、公開鍵を使うことで多くの鍵を作成したり管理したりしなくてすむという利便性があります。

④正:デジタル署名  デジタル署名は、メッセージのダイジェストを署名者の秘密鍵で暗号化したものです。検証者はまず、署名者の公開鍵を使ってデジタル署名をダイジェストに復号します。

⑤正:デジタル署名の定義 メッセージに対するダイジェストを秘密鍵で暗号化することで、メッセージの改ざんを検出することができます。これをデジタル署名 (Digital Signature) と呼びます。デジタル署名を用いると、メッセージの完全性と作成者の認証が可能になります。デジタル署名を生成することを署名 (Sign) と呼び、デジタル署名が有効であることを確認することを署名の検証(Validate) といいます。 参照:独立行政法人情報処理推進機構

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問19

I-1-19 ある会社では, 2機種 (機種A, 機種B) のサーバを使用しており, いずれの機種のカタログにもMTBF(平均故障問隔)は1,000時間と記載されている。使用しているすべてのサーバの運用開始から現時点までの総稼働時間, 総修理時間, 故障件数を調べ, 機種ごとに集計したところ下表が得られた。 MTBFの観点から見た, 機種Aと機種Bの信頼性に関する次の記述のうち, 最も適切なものはどれか。

① 機種A, 機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を下回る。

② 機種Aの信頼性はカタログ値を上回るが,機種Bの信頼性はカタログ値を下回る。

③ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値と一致する。

④ 機種Aの信頼性はカタログ値を下回るが, 機種Bの信頼性はカタログ値を上回る。

⑤ 機種A,機種Bの信頼性は, ともにカタログ値を上回る。

【正解②】

【解説】 MTBFはMean Time Between Failuresの略。Mean Timeが平均の意味。故障と故障の間の時間、つまり稼働している時間になります。平均故障間隔といいます。

信頼性=MTBF/故障件数 (補足)  MTTRはMean Time To Repairの略。故障から復旧までの時間、修理が終わるまでの時間になります。平均修理時間といいます。 稼働率とは、すべての時間の中で稼働している時間の割合を表します。

つまり、稼働率=MTBR/(MTBR+MTTR)

機種A MTBF=1,093,800h 信頼性=1,093,800h/987件=1108h/件 >1000h 

機種B MTBF=1,148,300h 信頼性=1,148,300h/1283件=895h/件 <1000h

以上より、信頼性は、機種Aはカタログ値を上回る。機種Bはカタログ値を下回る。      

技術士総合技術監理部門2020択一問題解説 問18

I-1-18 無人航空機は, 緊急時の情報収集をはじめとする様々な場面での活用が期待されている。 無人航空機 (航空法によるもの) を飛行させる際に順守すべき事項に関する次の記述のうち, 最も適切なものはどれか。

① 無人航空機及びその周囲の日視による常時監視には, 双眼鏡による常時監視や補助者による常時監視は含まれない。

② 屋内であっても人口集中地区は航空法の規制対象となるので, 他の条件によらず飛行に国士交通大臣の許可が必要となる。

③ 無人航空機を用いて農薬を散布する場合には, 国土交通大臣の承認は必要ない。

④ 無人航空機の操縦や画像伝送に利用する.無線通信システムは電波法令の規制対象外となるので, 使用する周波数と送信出力によらず飛行に無線技士の資格は必要ない。

⑤ 無人航空機を用いて計測機器を設置する場合には, 他の条件によらず国士交通大臣の承認が必要となる。

【正解①】

【解説】 プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドラインVer2.0 (2020 年 3 月石油コンビナート等災害防止3省連絡会議(総務省消防庁、厚生労働省、経済産業省))より、以下に無人航空機の航空法の適用について示す。 1.3 航空法の適用について ドローンの活用は、航空法(5.1 節参照)の規制の下、実施される必要がある。従って、 航空法第 132 条により無人航空機の飛行の制限がされている空域で飛行を実施する場合、 航空法第 132 条の 2 により規定されている方法以外による飛行を実施する場合には、地方 航空局長の許可・承認を受ける必要がある。具体的に許可・承認を受ける必要がある条件は、 以下の通りである。

(1) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域は以下である。

(ア) 地表又は水面から 150m 以上の高さの空域 (イ) 空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域 (ウ) 人口集中地区の上空の空域

(2) 無人航空機の飛行の方法は以下の通りであり、以下の方法以外での飛行を行う場合には、承認が必要となる。

(ア) 日中(日出から日没まで)に飛行させること (イ) 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること (ウ) 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること (エ) 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し会場の上空で飛行させないこと (オ) 爆発物など危険物を輸送しないこと (カ) 無人航空機から物を投下しないこと

①正:上記の(2) (イ) より、常時監視の定義は直接肉眼による。

②誤:屋内は、上記の(1) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域に当てはまらない。

③誤:無人航空機を利用して農薬等を散布する場合は、航空法に基づき、あらかじめ国土交通省の許可・承認を受ける必要がある。

④誤:総務省HPより、「ロボットを利用する際には、その操縦や、画像伝送のために、電波を発射する無線設備が広く利用されています。これらの無線設備を日本国内で使用する場合は、電波法令に基づき、無線局の免許を受ける必要があります」。

⑤誤: 無人航空機を用いて計測機器を設置することは、上記の(2) (カ) より、物の投下に当てはまらない。